• ホーム
  • ジスロマックは淋病には無効?

ジスロマックは淋病には無効?

ウィルス

ジスロマックはアジスロマイシン水和物を主成分とする薬剤で、クラミジアに非常に有効な治療薬として知られています。
種類によって回数や期間が異なりますが、一日に一錠飲むだけで、一週間程度効果が持続するため、効果が途切れにくいのが特徴です。
ジスロマックは細菌やウイルスの増殖を抑えたり、菌を死滅させる働きがあり、クラミジアだけでなくその他の感染症にも用いられます。
ですが淋病の菌にはあまり効果がなく、治療にはジスロマックとは違う薬剤を服用します。

淋病とは淋菌の感染により起こる病気で、初期症状として男性は尿道炎、女性は子宮頸管炎を発症します。
そのまま放置すると菌の感染が広がり、男性では精巣上体炎、女性では卵管炎や腹膜炎などに発展していきます。
近年ではオーラルセックスによって咽頭への感染へするケースも多く見られます。
淋病は性行為以外の感染はまれですが、母子感染で胎児が淋菌性結膜炎などを発症してしまう場合もあります。

淋病は投薬によって治療しますが、感染した菌が薬剤に耐性を持つ事が多く、そうなると完治までに時間がかかってしまいます。
淋病はクラミジアとの同時感染が多いですが、治療に必要な薬が異なるため、それぞれの検査と治療を同時に行う必要があります。
また、パートナーが一緒に感染している確率が高く、同時に検査や治療を行う事が大切です。
薬剤耐性菌を出現させないためには、再発させず一度の治療で完全に菌を死滅させる必要があり、薬の飲み忘れは厳禁です。
治療薬を服用する事で症状は急速に改善しますが、その段階では菌が残っているため、症状が消えても決められた期間は忘れず薬を飲み続け、最後に完治確認試験を受けて治癒を確認する事が重要です。